>>POPjisyo Top
>>POPjisyo News

スラド mainpage Firehose Stories : 12/02/2021 22:49
>>Word Links On

1. 「プロジェクトA子」の北米版BD、マスターフィルムが無いのでLDからキャプチャしてた
旧聞に類する話題ではあるが、編集者の島谷光弘さんのツイートによると、米国で日本のアニメ作品を販売しているDiscotek Mediaが、『プロジェクトA子』の北米版Blu-rayを作成する際、マスターフィルムが存在しないことから、DomesdayDuplicatorと呼ばれる機器を用いることでLDからキャプチャして新たにマスターを作ったそうだ。このDomesdayDuplicatorはレーザーディスクのアナログデータをサンプリングして高品位のデジタル化をおこなう機器だという(島谷光弘さんのツイート、Discotek Mediaのツイート)。 なおナッパ教司祭さんのツイートによると、この機器は英国のBBCおいてレーザーディスク媒体で保管されている資料をデジタル化して保存するために開発されたものだそうだ。回路図やデコード用プログラムなども公開されており、自作することが可能だとのこと(ナッパ教司祭さんのツイート、GitHub)。 >>

2. JR西日本、ホームと電車の段差を埋める全自動スロープを開発
あるAnonymous Coward 曰く、車椅子の利用者が電車にスムーズに乗り降りできるよう、JR西日本などは駅のホームと車両との段差や隙間を自動で埋めるスロープの開発を進めており、その試作機が公開された(NHK)。 駅にはエレベーターやスロープなどバリアフリー施設の設置が進んでいるが、車椅子利用者にとって最大の問題はホームと電車の間の段差で、これは付き添いや駅員の介助が必要となっていた。その問題を解決すべくJR西日本はホームに設置するタイプの全自動スロープを開発。電車の到着と同時にセンサーで車両との段差を計測し最適な高さ・幅のスロープを立ち上げる仕組み。ドアが閉まると自動的にホームに収納される。 大阪のJRゆめ咲線の桜島駅に試作機が設置されており、来年2月まで検証作業が進められ数年後には多くの駅で導入する計画。 車椅子利用者以外にも、キャリーバック利用者やベビーカーなどにも段差がなくなるのは嬉しいことなので全国に広がってほしい。 >>

3. 来年3月の3G停波でauが改めてアナウンス。VoLTE非対応のガラケー/スマホは自動解約
各社の3Gサービスの停波が近づいていることから、それに関連した話題がいくつか出てきている。サービス自体に関してはauの終了が最も早く、2022年3月31日に3Gサービス「CDMA 1X WIN」を終了する。これにより「VoLTE非対応SIMカード」サービスは2022年4月1日以降利用できなくなり、「CDMA 1X WIN」契約の場合は自動解約、「4G LTE」契約の場合は自動休止される。UQ mobileの場合は自動解約となる。KDDIおよび沖縄セルラーはこれに関するアナウンスを11月29日に改めて出している。またauではこれに先行してプリペイド携帯電話サービス「ぷりペイド」が2021年12月15日に終了となるので注意(KDDIリリース、ケータイ Watch)。 これ続いてソフトバンクが2024年1月下旬に3Gサービスを終了予定となっている(ソフトバンク・重要なお知らせ、過去記事)。もっともサービス継続が長いNTTドコモは2026年3月31日に3Gを終了する予定となっている。しかし、そのNTTドコモに関しても、2021年11月30日にiモード公式サイトを終了した(iモード公式サイトの終了について、過去記事)。 そんな中、ガラケーからスマートフォンに移行に関するトラブルが店頭で増えているようだ。多くのスマートフォンではマニュアルが付属していないため、電話やメールの基本操作に関するトラブルが結構出ているらしい(NEWSポストセブン)。 >>

4. FIFA、半自動のオフサイド判定技術をテスト
headless 曰く、11 月 30 日に開幕した FIFA Arab Cup 2021 では半自動のオフサイド判定技術がテストされているそうだ(FIFA のニュース記事、 The Verge の記事、 The Next Web の記事、 動画)。 FIFA では判定の確認にビデオ映像を使用する VAR を 2018 年に導入し、誤審を減らすことに成功した。VAR 自体も改善が進められているが、オフサイドの判定は難しく、長い時間を要することもある。 今回テストされる半自動のオフサイド判定技術では、ビデオ映像から各選手の四肢の位置情報を最大 29 か所、毎秒 50 回収集する。このデータからソフトウェアがオフサイドと判定するとアラートが自動で VAR ルームに送られる。 VAR はソフトウェアが提案したオフサイドラインとキック位置から判定を確認し、その結果を主審に伝えることになる。ソフトウェアの判定が主審に直接送られるのではなく、VAR を通じて送られることから、FIFA では「半自動」のオフサイド判定と呼んでいるとのことだ。 >>

5. 新しいiPhoneにデータ移行すると「プライベートアドレス」機能のMACアドレスも移植されてしまう
iPhone同士のデータ引き継ぎの際、メーカーの指示通りに標準のバックアップ機能を用いると、プライベートアドレス機能で使われるMACアドレスも移植されてしまうというトラブルが起きているそうだ。この状態で引き継ぎ元と引き継ぎ先のiPhoneで同じWi-Fiにつなぐと、一部のサイトが接続不可になるとしている。この問題を指摘したひゅでポンさんは、一般の人が原因にたどり着くのは困難だと指摘している(ブッダスティック / ひゅでポンさんのツイート、Togetter、iPhone、iPad、iPod touch、Apple Watch でプライベート Wi-Fi アドレスを使う)。 あるAnonymous Coward 曰く、おそらくは一回初期化すると解決しそうだが既存データの退避作業が必要となり利用者に不便を押し付ける格好となる。プライバシー重視とはいえMACアドレスでユーザー紐付けが難しくなったりとビジネス面でも影響を及ぼしているが、スラド諸氏の勤務先でも意味のわからないネットワーク設定はないだろうか。 >>

6. 11月27日、NTT系ISPから他社サービスが利用できないトラブル。上位ISPのフィルタリングが原因
NTT系ISPで11月27日に一部ユーザーに対して通信の切断が起きるトラブルが発生していたそうだ。この影響で一部ゲームなどにログインできない状況になっていたという(OCNサービスご利用のお客さま通信 にて障害が発生、まとめ部)。OCNの故障情報によると、特定サイトにつながらないとする連絡がユーザーからあったことから調査したところ、上位ISPにてフィルタリングを実施していたことが原因で通信への影響が発生したとしている。11月27日15時09分にフィルタが解除されたことで問題は解決したとのこと。 >>

7. EVANGELION STOREで不正アクセス、1万7828件のクレカ情報漏洩の可能性
グラウンドワークスは11月30日、同社が運営する「EVANGELION STORE」で、第三者による不正アクセスにより、利用者のクレジットカード情報1万7828件が流出した可能性があると発表した。同サイトはアニメ作品「エヴァンゲリオン」シリーズのグッズなどを扱う公式ストアとなっている(弊社株式会社グラウンドワークスが運営する「EVANGELION STORE(オンライン)」への不正アクセスによる個人情報漏えいに関するお詫びとお知らせ、ITmedia)。流出は7月12日に一部のクレジットカード会社からの連絡で発覚、同日カード決済を停止した。第三者調査機関による調査が行われ、9月29日に一部のお客様のクレジットカード情報が不正利用された可能性があることが確認できたとしている。漏洩した可能性のある情報は以下の通りとなっている。 カード名義人名クレジットカード番号有効期限セキュリティコードログオンID(EVANGELION STORE(オンライン)会員用メールアドレス)パスワード(EVANGELION STORE(オンライン)会員用) >>

8. 秀丸エディタ v9.00がリリース。11年ぶりのメジャーアップデート
定番テキストエディターである「秀丸エディタ」が約11年ぶりにメジャーアップデートしたそうだ。最新版はv9.00となり11月25日に公開された。v9.00では旧タイプのマクロ登録、キー割り当て、設定のリストなどが廃止され、対応OSもWindows 98/Me/2000などのサポードが廃止され、Windows XP以降へと改められたとしている(秀まるおのホームページ、窓の杜)。 新たな機能としては、.editorconfigファイルの自動的検出への対応がある。.editorconfigに対応したテキストエディターであれば、どのプラットフォームでも同じテキストスタイルを保てることから、複数のプログラマーがソースコード編集に関わるうちにインデントの幅が変わってしまったり、改行コードが混在したりするトラブルを減らせる。また新規インストール時にカスタムインストールを選ぶと、標準のエンコードとしてUTF-8が選べるようになっている。 >>