>>POPjisyo Top
>>POPjisyo News

スラド mainpage Firehose Stories : 01/25/2021 03:54
>>Word Links Off

1. M1 MacUbuntuデスクトップ起動成功との発表ネットワーク機能動作可能
先日、M1 MacなどApple Silicon搭載PC動作する「Asahi Linux」開発表明われたばかりだがすでに実際にM1 MacLinux動かすことに成功した発表成功したApple過去トラっていたこともあるCorellium。同社最高技術責任者(CTO)であるChris Wade20、USBからUbuntuデスクトップ起動することに成功したツイートしてい(GitHub linux-m1、OMG!Ubuntu!、MacRumors、ZDNet Japan、Engadget)。 それによるとUSB-Cドングル経由起動成功ネットワーク機能動作しており、USBI2CおよびDARTサポートできていとしている課題としてはGPUアクセレーション対応できていない現時点ではグラフィックス処理ソフトウェアレンダリングによってわれていという>>

2. スクリーンセーバー使って必要どうして
先日M1 Macスクリーンセーバー誤動作操作不能になるというストーリーたのだがスクリーンセーバー自体今でも必要ものだろう。 Macではアクセスしやすい位置設定項目存在する、Windows 10では積極的使うという感じでもなく、「設定のあまりたな場所クラシックコントロールパネルリンクかれてい先日ストーリーでは有機ELだと必要になるかもしれないといったコメントもみられる、CRTのように画面明るなるまで時間がかかるということないので単に画面オフ十分もする。 スラド皆さん現在スクリーンセーバー使っているだろう使っているどのようスクリーンセーバー使っているのだろう必要って使っているのかそれとも好み問題なのかなどコメントしてほしい>>

3. Xbox Live Gold大幅値上げ発表したMicrosoft、その日のうち撤回
Microsoft22メンバーシップサービス Xbox Live Gold大幅値上げ発表したのだ強い反発受け同日中に撤回することに(Xbox Wire記事、 The Verge記事、 Neowin記事、 On MSFT記事)。 Microsoft当初サービス価格定期的に見直してい多くの市場何年Xbox Live Gold価格変更していないと説明し、1か月10.99ドル(+1ドル)3か月29.99ドル(+5ドル)6か月59.99ドル(+20ドル)または各市同等とする価格発表した。6か月価格小売店販売する12か月メンバーシップ価格同額になる既存オンラインメンバーについて、12か月または6か月場合継続する限り変更なし、1か月または3か月メンバーには変更適用すると説明していしかしそれから14時間52、Microsoft価格改定全面的撤回することになるこれについてMicrosoft友達同士つなぎゲーム一緒にプレイできるようにするというXbox Live Gold機能欠かせない要素であこの機能日々必要とするユーザー期待応えなか説明する価格改定撤回に加え、Xbox Live Goldメンバーなくても基本プレイ無料ゲームXboxプレイできるようにする計画同時に発表した>>

4. 男女マークかれ女子トイレ誤って利用した男性無罪判決
あるAnonymous Coward 曰く静岡地裁20浜松浜松科学館みらい男女マークかれ女子トイレ正当理由がないの侵入したとして建造物侵入われ同市男性無罪判決下し(NHKニュース記事テレNEWS24記事静岡新聞記事)。 このトイレ女子トイレだが、「男性スタッフ入る可能性あるという注意書きと共に男女マークかれていたとい検察男性注意書きかなたの不自然指摘した弁護腹痛排便目的入館しかな早足いていたとい目撃証言まえ注意力低下してい可能性ある反論した裁判官判決このマーク従業員使用断り書き見る困難男女共用以外意味想起する容易ではな全面無罪。 Twitter情報によれば問題従業員示す男女マークはこようなものとのこ、タとしては誤解して当然のように感じる科学館判決受け注意書きから男女マーク削除したとのこだが事前かないものなのだろうか>>

5. Mozilla、有料拡張機能宣伝可能にする「Promoted Add-ons」プログラム計画取りやめ
Mozilla21昨年パイロットプログラム実施した「Promoted Add-ons」プログラム本格導入しない発表した(Mozilla Add-ons Blog記事、 Ghacks記事)。 Promoted Add-ons拡張機能開発者手数料支払っておすすめ拡張機能プログラム同様審査受けるというものおすすめ拡張機能とは異なる認証済み拡張機能として「Verified」バッジ表示される追加料金支払えば認証済み拡張機能AMOホームページ「Sponsored extensions」セクション表示すること可能おすすめ拡張機能対象拡大コスト困難だが有料でもプログラム参加したい開発者門戸を開くものとして導入計画ていしかし無料実施したパイロットプログラム結果開発者向け有料サービスとして意味あるものにはならない判断したとのこ。Mozillaでは今月Verifiedバッジ無効、AMOホームページSponsored extensionセクション削除すると説明してい既に両方とも表示なくっているようだ。AMO拡張機能検索画面「Verified」バッジ指定して検索すること可能だが検索結果0となる>>

6. Google、オーストラリアサービス提供取りやめる脅し法案修正求める
Google22オーストラリア「News media bargaining code」法案修正ずに成立するならオーストラリアサービス提供取りやめる可能性言及した(The Keyword記事首相記者会見トランスクリプト、 The Next Web記事、 Android Police記事)。 この法案ニュースメディアからコンテンツ使用料交渉要求受けるようデジタルメディアプラットフォーム義務付け交渉がまとまらなければ独立仲裁人裁定下すこと盛りまれてい当初対象となるGoogleFacebook反発しており、Googleオーストラリア特定ニュースパブリッシャー検索結果から除外する実験実施する一方公正現実的法制にするよう働きかけていオーストラリアサービス中止言及したGoogleオーストラリアニュージーランド担当VPメルルバルバ上院経済法委員会公聴会出席法案に対するGoogle主張展開したルバ法案修正すべきとしてリンクスニペット掲載料金支払うのではな、GoogleライセンスプログラムNews Showcase通じてパブリッシャー利益られるようにすることパブリッシャー仲裁モデルではな商業的仲裁モデルにより公平仲裁行われるようにすることパブリッシャー通知義務付けられるアルゴリズム変更について重要変更のみ通知にすること3挙げているこれら修正われなければオーストラリアサービス中止もや得ないルバていオーストラリアモリ首相はこに対しオーストラリアでは議会法律作り政府執行すると脅しにはしない姿勢記者会見示し>>

7. Brave 1.19、分散型WebプロトコルIPFSネイティブサポート
BraveProtocol Labs19分散型WebプロトコルIPFS(InterPlanetary File System)ネイティブサポート同日リリースBrave 1.19搭載たこ発表した(Braveブログ記事[1]、 [2]、 IPFSブログ記事、 Ghacks記事、 The Register記事)。 IPFSProtocol Labs開発進めるピアツーピアハイパーメディアプロトコルコンテンツ識別子(CID)含むipfs:スキームまたはipns:スキームURIアクセスする。Braveブラウザー月間アクティブユーザー(MAU)2,400万人達していとのこメジャーブラウザーIPFSネイティブサポートするBraveだというアクセス方法としてはIPFSパブリックゲートウェイ通じてアクセスする方法ローカルIPFSノードとしてアクセスする方法あり、BraveデフォルトIPFSURIアクセスするとパブリックゲートウェイリダイレクトされるたとえばWikipedia英語版「Vincent van Gogh」IPFSミラー「ipfs://bafybeiemxf5abjwjbikoz4mc3a3dla6ual3jsgpdr4cjr3oz3evfyavhwq/wiki/Vincent_van_Gogh.html」アクセスすると、「https://bafybeiemxf5abjwjbikoz4mc3a3dla6ual3jsgpdr4cjr3oz3evfyavhwq.ipfs.dweb.link/wiki/Vincent_van_Gogh.html」リダイレクトされる後者IPFSサポートしないブラウザーでもアクセス可能ここ表示される通知バー「IPFS有効にするクリックすればIPFSノードインストールれ、ローカルIPFSノードとしてIPFS URIアクセスできるようになるローカルIPFSノードになるとピアからリクエスト場合ホストとしても機能するようになるノード状態「brave://ipfs」確認できノード停止すること可能だがアンインストールするオプション用意ていないようだノード無効化するにはBrave設定拡張機能(brave://settings/extensions)「IPFSリソース解決する方法ローカルノード以外オプション選択すればいい。IPFSコンテンツ表示するだけなら、「ゲートウェイ選択しておけ通知バー表示されることない>>

8. 完全自由オペレーティングシステム実現ために簡単インストールできない不自由我慢するべき
Debian完全自由オペレーティングシステム実現するため自由(プロプライエタリ)ドライバーファームウェア同梱するバージョンつかにくいようにしていことに、Windows 10から移行苦労したユーザーDebian開発者メーリングリスト異議議論っている(The Register記事メーリングリスト投稿)。 投稿者Windows 10プリインストールノートPCDebianインストールしようとしたが、Debianサイト容易見つかる「netinst」インストールイメージでは自由ネットワークドライバー利用できないため、DVDISOイメージ探し出すまでインストールできなかたといそのため自由ドライバー含むバージョン隠す方針Windows 10から移行興味を持つ導入制限していとし誰にでも利用できるようにすること提案していこれに対しファームウェアnon-freeからnon-free-firmware移動すること提案した総意なか、Debian開発者完全自由だが動作しない環境多いバージョン自由ソフトウェアによりほとんど環境動作するバージョン2バージョン作成動作する隠し動作しないトップページに置いているなど現状批判的返信がみられる一方自由ソフトウェア含むバージョン動作するとはみなさずそういうものよければUbuntu使えばいいといった強硬意見、Debian問題修正不可能ソフトウェア配布できないという意見てい現在非公式として配布てい自由ソフトウェア同梱トップページからどり着けるようにすればいいという意見早い段階ていたが議論完全自由選ぶ不完全自由選ぶかという方向かっているようだ。スラド皆さん意見はいかだろう>>